(参考画像:糸島の食べごろ・見どころ観光ガイド

嵐ファンの間では知る人ぞ知る糸島エリアの『嵐神社(櫻井神社・二宮神社・潤神社)』の3つ。

当記事では嵐神社の一つである『二宮神社』の交通手段を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

二宮神社は今宿駅から徒歩5分!

糸島エリアにある櫻井神社、二宮神社、潤神社の3つの中で一番簡単に行くことができるのが、ここ『二宮神社』です。何故かと言いますと、すぐ近くに『今宿駅』があり、そこから歩いて5分の場所にあるからです。

まずは県外から来る人を想定して『福岡空港』と『新幹線の博多』から来たと想定して説明を行いたいと思います。

福岡は『福岡空港』と地下鉄の『福岡空港駅』がすぐ近くにあるためとても移動が便利です。また新幹線も地下鉄の『博多駅』がすぐの場所にありますのでとても便利なんですよ。

地下鉄で目指すは二宮神社のある『今宿駅』です。『今宿駅』は『姪浜駅』の2つ先にある駅となります。どうして路線図にうつっていないのかと言いますと、『室見駅』までが地下で、『姪浜駅』から地上になっているからです。以降は地下鉄ではなく『筑肥線』となります。

細かいことは分からなくても大丈夫です。『姪浜駅の2つ先にある「今宿駅」』これだけわかっていれば大丈夫です。

◆福岡空港駅から今宿駅までは510円

今宿駅までついたら後は簡単です。図面にある通り、二宮神社までは徒歩でほぼ一直線となります。途中、少し大きめの道があります。急がず慌てず安全に信号を渡りましょう。信号を考慮しなければ徒歩5分の距離だと思いますよ。

二宮神社は海沿いにある神社です。とても気持ちのいい環境ですね。

スポンサーリンク

御朱印やお守りは?

『潤神社』には『御朱印』や『お守り』といったものは存在しないと思っていたのですが、どうやら『お守り』は存在するようです。

別記事にてこのような書き込みを見つけました。

実は二宮神社と潤神社の2社は神主さんが常駐していないひっそりとした神社です。巫女さんもいませんし社務所も空いていません。

産宮神社(糸島市波多江)いう神社がなぜか二宮神社と潤神社の両方を管理している神社なのです。

ちなみに産宮神社は安産・育児の神様として親しまれています。

二宮神社のお守りと、潤神社のお守りはこちらの産の宮神社の宮司さんのところに行って頂く事になっています。

(参考文献:空色糸島グルメ

まさか産宮神社が二宮神社と潤神社の2つを管理しているとは知りませんでした。潤神社は同じ糸島だからわかるのですが、二宮神社は福岡市なんですよね。まぁこういったことはあまり関係ないのかもしれません。

『産宮神社』に関しては別記事にてまたご紹介いたします。

糸島の『牧のうどん』がお勧め!

今宿駅の近くには、『牧のうどん』今宿店があります。『牧のうどん』は糸島の加布里という地域に本店があり、福岡を中心に展開しているうどん専門店です。糸島には牧のうどんの愛好家は結構いるんですよ。

櫻井神社、二宮神社、潤神社を巡回するうえで、牧のうどんを食べに行けるチャンスはここしかありません。もし時間に余裕があるならぜひ食べていって欲しいです。

なお、私の個人的なお勧めは『冷やしトロロ』です。冷やしうどんの上に『山芋』がかかっています。左上にあるのは『わさび』です。その下に『めんつゆ』があります。

『めんつゆ』の中に『わさび』をいれて溶かします。そして『山芋』の上からその『めんつゆ』をなじませるようにかき混ぜて、最後に麺と山芋をかきまぜれば完成です。

もの凄く美味しいんです! 山芋と麺が絶妙に絡まり、『めんつゆ』と『わさび』がいいアクセントになってくれています。この美味しさを覚えてから、私は牧のうどんでは9割の確率で『冷やしトロロ』しか注文しなくなってしまいました。

・冷やしトロロ:530円
(かためん)

牧のうどんでは『麺のかたさ』を選ぶことができます。『やわめん』『ちゅうめん』『かためん』の3種類です。断然『かためん』をお勧めいたします。

なお『冷やしトロロ 大盛』で注文することもできます。金額は70円アップで600円になります。麺の量が2倍になってビックリしますよ。個人的には2.5倍くらいに見えます。でも美味しいからペロリと行けちゃうんですよねぇ。

スポンサーリンク