(画像参照元:糸島の見どころ・食べどころ参照ガイド

福岡県糸島市の『潤神社(うるうじんじゃ)』がジャニーズの嵐ファンの方々から注目を浴びているという事を知り正直驚いています。といいますのも、実は当ブログ主はその『糸島市潤在住』だったりするからです。徒歩5分の場所に住んでいるんですよ。

そこで今回この記事では潤神社へ行くためのアクセス(交通手段)御朱印やお守り、そしてどうでも良さそうな地元のお話をしてみたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

櫻井神社 : https://inokou0518.com/archives/1009
二宮神社 : https://inokou0518.com/archives/1011
潤神社  : https://inokou0518.com/archives/895
産宮神社 : https://inokou0518.com/archives/1064
嵐神社巡り: https://inokou0518.com/archives/1105

スポンサーリンク

潤神社への交通手段

県外から福岡へやってくるなら飛行機か新幹線で来る方が多いと思います。飛行機なら『福岡空港』に、新幹線なら『博多』に到着しますね。どちらも地下鉄がすぐ近くにありますので交通手段はとても便利なんですよ。

地下鉄の地図を見ると少しゴチャゴチャしているように見えるかもしれませんが、心配いりません。福岡空港からでも、博多からでも、路線は一直線であり迷う事はありません。地下鉄へ行って『筑前前原駅』の切符を購入し、後は電車に乗るだけです。(筑前前原駅は地下鉄では無いため地図にはありません)

乗る電車には

・姪浜(めいのはま)行き
・筑前前原(ちくぜんまえばる)行き
・西唐津(にしからつ)行き

の3種類あります。皆さんが乘るのは『筑前前原行き』『西唐津行き』のどちらかです。姪浜行きに乗ってしまった場合は、姪浜駅で筑前前原方面の電車に乗り換えることになります。

姪浜以降は

・下山門駅(しもやまとえき)
・今宿駅(いまじゅくえき)
・九大学研都市前駅(きゅうだいがっけんとしまええき)
・周船寺駅(すせんじえき)
・波多江駅(はたええき)
・筑前前原駅(ちくぜんまえばるえき)

と続きます。とりあえず『筑前前原駅』を目指しましょう。

◆福岡空港から筑前前原までの電車料金は560円ほど◆

筑前前原駅についたらバスで潤神社近くを目指します。

『筑前前原駅』から徒歩で潤神社を目指すとなりますと1時間はかかると思います。『波多江駅』からでも徒歩なら30分はかかるでしょうね。バスで行くのが無難です。

◆筑前前原駅からバスで潤神社近くへ
・バス(前原今宿線(前原駅北口~今宿駅前))

正直な所、私は地元の移動はバイクか自転車ですのでバスに関しては詳しくありません。ネットで調べました。その点はご了承ください。

筑前前原駅の前にバス停があります。そこから『前原今宿線(前原駅北口~今宿駅前)』のバスに乗りましょう。

潤神社に行くなら『7番の浦志(うらし)』ではなく『8番の潤(うるう)』で降りることをお勧めいたします。理由は潤のバス停から潤神社を目指す方が経路的にわかりやすいからです。浦志から潤神社を目指すのは少々ややこしいです。

◆筑前前原から潤までのバス代は150円前後?◆

『①潤バス停』についたら後は徒歩となります。『東風小学校入り口』交差点から北へ。(方向感覚がわからない場合は、地図上にある『長浜ラーメン力』を目視確認しましょう。)

150mほど進むと『②東風小学校』があります。その手前の交差点で矢印の方向に進むと『③潤公園』が見えてきます。潤公園がわかればもう『④潤神社』もすぐにわかりますよ。

スポンサーリンク

御朱印やお守りは?

『潤神社』には『御朱印』や『お守り』といったものは存在しないと思っていたのですが、どうやら『お守り』は存在するようです。

別記事にてこのような書き込みを見つけました。

実は二宮神社と潤神社の2社は神主さんが常駐していないひっそりとした神社です。巫女さんもいませんし社務所も空いていません。

産宮神社(糸島市波多江)いう神社がなぜか二宮神社と潤神社の両方を管理している神社なのです。

ちなみに産宮神社は安産・育児の神様として親しまれています。

二宮神社のお守りと、潤神社のお守りはこちらの産の宮神社の宮司さんのところに行って頂く事になっています。

(参考文献:空色糸島グルメ

まさか産宮神社が二宮神社と潤神社の2つを管理しているとは知りませんでした。潤神社は同じ糸島だからわかるのですが、二宮神社は福岡市なんですよね。まぁこういったことはあまり関係ないのかもしれません。

『産宮神社』に関しては別記事にてまたご紹介いたします。

『潤神社』は20年で3回住所が変わった

潤神社のある『糸島市潤』という地域は、ここ20年で3回も住所が変更された珍しい地域となります。

①1992年9月30日以前
福岡県糸島郡前原町潤000-0

②1992年10月1日~
福岡県前原市潤000-0

③????年??月?日~
福岡県前原市潤0-0-00

④2010年1月1日~
福岡県糸島市潤0-0-00

もともと潤地域は『糸島郡前原町潤』でした。それが1992年に『前原町の人口が5万人を超えた』ということで、糸島郡から抜けて『前原市』となります。

それから数年後、『区画整理』で『000-0』という表記から『0-0-00』という表記へ変更となりました。それがいつだったのかは調べてもよくわかりませんでした。

前原市は糸島郡から抜けましたが、話し合いの末、残った『二丈町』と『志摩町』とで合併することになりました。そして2010年に『糸島市』が誕生したという流れになります。

おかげで、この地域に住んでいる人たちは20年で3回も住所を覚え直さなければいけなくなったんですよ(笑)

なお、潤神社の現在の住所は『福岡県糸島市潤3-5−30』となっています。

前原市イメージソング

歌:まえばるそして未来へ(芹洋子)

歌:夢をだきしめて(岡本恵子)

※注意:前原市は2010年に二丈町と志摩町と合併し『糸島市』になっています。

糸島市イメージソング

歌:輝く刻の中で(唄人羽)


スポンサーリンク