ベトナムでは日本の様につるしで売られているスーツはありません。店内にあったら寸法見本です。もし売られているものがあったら、それは中古です。スーツはオーダーメイドがオーソドックスです。

最近では高島屋やイオンでつるしが置かれる様になりましたが、庶民には高額すぎて買えません。では何処で作るの? 街の仕立て屋です。オーダーメイドでも日本のつるしよりも激安です。旅行の際、到着日に作れば観光で来ても作れてしまうお店があります

もちろん女性用スーツもワンピースもブラウスもスカートもアオザイも作ってくれます。数軒あるなかで特にお勧めのお店もご紹介します。

※注意: 記事内の金額は『10000VDN=50円』で計算しています。

生地から仕立て迄3000円。

私の借りてるアパートの住人は私以外は、日本語が話せる女性ばかり。バイクを持っていて『豪華な昼食を奢るよ』で釣れそうな案内人兼、運転手兼、通訳を引き受けくれそうな2人にLINEを入れます。

彼女達は昼食を150円で済ませるので、豪華と言っても600円のランチを奢るだけ。自称27歳さん、が快諾してくれました。生地屋がかたまってる地域に大渋滞の中バイクの2人乗りで向かいます。綺麗目なお店が多くあるのに何故か廃れた感じの店に連れていかれました。

『ここはやすいよ』と。

話を聞くと、生地+仕立てで3000円、7日以内に完成。おお安い!と思いましたが、、、、2種類の決まった形のみをオーダー制作する料金です。ベトナムのズボンは細くてギュウギュウで履くのも脱ぐのも大変なんで却下しました。別の生地屋に入り生地を無事購入、スーツ1着分で1750円。

仕立てに行く。

無事にスーツ生地を1着分1750円ゲットし、バイクに乗り仕立て屋に移動。

どんなタイプが作りたいか自称27歳通訳に説明するが伝わりません、、、。寸法を測ってくれた人の提案が、『スマホで画像をだして』でした。

画像検索、、、最初に出てきたのが、あぶない刑事(古い)の柴田恭兵さんが着ていたブランド名メンズ テラノス。これだ!と店員に画像を見せる。

『これはWのスーツで古い形』と言われるが、押し通す私。幾らになるんだろう?ドキドキ。値段が出ました。ぇぇええ!!仕立て金額5000円!『ここで生地を買ってズボンを作ったら幾ら?』2000円!『Yシャツをオーダーしたら幾ら?』2500円!迷わずYシャツ2着もオーダーしました。

待つこと10日で完成がこれ、裏地もしっかり全体に、作りや縫い目も申し分ない出来です。

スーツ1着、Yシャツ2着、ズボン1着を全てオーダーメイドで合計13750円です。

観光ついでに作るには。

観光では製作期間的にも無理ですが、僅か数日で観光客向けにも作る店はあります。

◆USAGI
住所: 17 Phan Van Dat st., Dist1, Ho Chi Minh City 70000, Vietnam
電話: +84 122 429 4052

日本語対応可、スーツ製作期間2日~3日程度。1万円~
女性用スーツ、ワンピース、ブラウス、アオザイなども作ってくれます。

スーツ1着、Yシャツ2着、ズボン1着を全てオーダーメイドで合計13750円です。日本でデザインや柄の素敵なシャツだと1万円なんてすぐに超えてしまいますよね。その金額でスーツも作れてしまうのです。

お気に入りの服の色違いが欲しいけど売ってない、お気に入りの服が色あせてきた、ほつれて来た、なんて時にはベトナム旅行のついでにオーダーメイドで作ってみませんか?