元貴乃花部屋の『高ノ富士』。以前のしこ名は『貴公俊』でしたが、2019年1月から『高ノ富士』にしこ名を変えました。同じ部屋の貴源治は高ノ富士の実の弟であり兄弟です。兄弟そろって幕内力士を目指しています。現在、弟に一歩先に行かれてしまっているという状況。高ノ富士、頑張れ!


スポンサーリンク

スマホでネット生中継視聴できる!

大相撲のテレビ中継は夕方の4時ごろからとなりますが、インターネットでは朝8時30分から生中継で放送されています。パソコンによるネットでも視聴できますし、スマホでも視聴することができますよ。

◆AbemaTV
https://abema.tv/now-on-air/sumo

このリンクをクリックしてください。そこで大相撲が視聴できます。リンクをクリックするだけなのでネットやパソコン初心者の方でも簡単に視聴できます。

2019年3月場所:十両13枚目

場所 勝敗 決まり手 相手 映像
10(日) 初日 上手投げ 大成道 動画
11(月) 二日 寄り切り 霧馬山 動画
12(火) 三日 寄り切り 富士東 動画
13(水) 四日 小股すくい 荒鷲 動画
14(木) 五日 押し出し 翔猿 動画
15(金) 六日 寄り切り 英乃海 動画
16(土) 七日 上手投げ 安美錦 動画
17(日) 中日 寄り倒し 水戸龍 動画
18(月) 九日 寄り切り 常幸龍 動画
19(火) 十日 送り倒し 千代の海 動画
20(水) 十一日 突き落とし 明瀬山 動画
21(木) 十二日 引き落とし 大翔丸 動画
22(金) 十三日 すくい投げ 若隆景 動画
23(土) 十四日 上手投げ 若元春 動画
24(日) 千秋楽 すくい投げ 蒼国来 動画

◆十三日目:負け越し

5勝8敗となり負け越しが決定しました。来場所は幕下が濃厚でしょうか。残念です。

◆七日目:上手にやられる

気持ちを切り替えるためか、押し相撲で勝負を仕掛けましたが上手を取られて負けてしまいました。今場所は相手に上手を取られて負けるのがパターンとなってしまっています。

◆六日目:上手を取られるのが課題

相手に上手を取られて負けてしまうというのが負けパターンになってしまっています。

◆四日目:また上手を取られる

相手に右上手を取られてしまい防戦一方になってしまいました。二日目と同じパターンです。対策を練る必要があると思います。

◆三日目:1勝目

やっと初日が出ました。慌てることなくどっしりとした取り組みだったと思います。

◆二日目:2連敗

相手に右上手をとられてしまいました。1分ほどの戦いとなりましたが上手を取られて戦いにくい貴ノ富士が結局寄り切られてしまいました。負けはしましたが、最後まで粘りのある気持ちの入った相撲をとっていたと思います。

◆初日:黒星発進

幕下で4場所連続で勝ち越し十両に上がってきた貴ノ富士でしたが、初日は黒星発進です。十両からは15場所あります。まだまだこれからです。

2019年1月場所

場所 勝敗 決まり手 相手 映像
13(日) 初日 無し
14(月) 二日 寄り倒し 竜虎 動画
15(火) 三日 寄り倒し 若元春 動画
16(水) 四日 無し
17(木) 五日 寄り切り 極芯道 動画
18(金) 六日 無し
19(土) 七日 寄り切り 蒼国来 動画
20(日) 中日 無し
21(月) 九日 下手出し投げ 霧馬山 動画
22(火) 十日 無し
23(水) 十一日 寄り倒し 動画
24(木) 十二日 無し
25(金) 十三日 無し
26(土) 十四日 無し
27(日) 千秋楽 かいなひねり 美ノ海 動画

◆千秋楽:5勝2敗で幕下優勝!

幕下3枚目で5勝2敗ですから十両は決定でしょうね。貴ノ富士、よく頑張りました!

◆1月23日:勝ち越し!

貴ノ富士、勝ち越しを決めました。これで4勝2敗。現在『幕下3枚目』であるため、十両に上がるには後一勝は絶対に欲しいですね。次は重要な取り組みとなります。

◆1月21日:2敗目、3勝2敗

良い相撲を取っていましたが、相手のうまい投げ技で土俵を割ってしまいました。これは負けたというほどのことではありませんので、同じことが無いよう次に生かせばいいと思います。そんなに悪くはありません。

◆1月19日:十両に勝利

相手は十両の力士でした。良いところを持たれ苦しい相撲となりましたが、我慢我慢我慢で最後は寄り切り。最後まで気持ちが切れませんでした。良い相撲でしたね。

◆1月17日:貴ノ富士、2勝目

今場所で十両入りを目指す貴ノ富士は2勝目。弟が幕内に迫るべく頑張っている中、そろそろ十両に上がりたいところですよね。力は確実にあります。後はしっかりと確実に一勝、一勝を積み重ねていくだけです。

スポンサーリンク

『貴ノ富士』の全成績

場所 番付 勝敗
1月 幕下 5勝2敗(☆3)
2019年
11月 幕下 5勝2敗(☆3)
9月 幕下 5勝2敗(☆3)
7月 幕下 6勝1敗(☆5)
5月 幕下 0勝0敗7休(★7)
3月 十両 3勝6敗6休(★9)初の十両
1月 十両 5勝2敗(☆3)
2018年
11月 幕下 4勝3敗(☆1)
9月 幕下 4勝3敗(☆1)
7月 幕下 4勝3敗(☆1)
5月 幕下 4勝3敗(☆1)
3月 幕下 2勝5敗(★3)
1月 幕下 6勝1敗(☆5)
2017年
11月 幕下 4勝3敗(☆1)
9月 幕下 2勝5敗(★3)
7月 幕下 6勝1敗(☆5)
5月 幕下 3勝4敗(★1)
3月 幕下 3勝4敗(★1)
1月 幕下 5勝2敗(☆3)
2016年
11月 幕下 1勝6敗(★5)
9月 幕下 5勝2敗(☆3)
7月 幕下 4勝3敗(☆1)
5月 幕下 2勝5敗(★3)
3月 幕下 4勝3敗(★1)初の幕下
1月 三段目 5勝2敗(☆3)
2015年
11月 三段目 4勝3敗(☆1)
9月 三段目 6勝1敗(☆5)
7月 序二段 5勝2敗(☆3)
5月 三段目 3勝4敗(★1)
3月 序二段 5勝2敗(☆3)
1月 序二段 3勝4敗(★1)
2014年
11月 序二段 5勝2敗(☆3)
9月 序二段 3勝4敗(★1)
7月 序二段 5勝2敗(☆3)
5月 序ノ口 5勝2敗(☆3)
3月 前相撲 2勝2敗(☆0)
2013年

兄弟そろって土俵入りした高ノ富士と貴源治。二人が幕下に上がったのは同じ2015年の3月場所。スタートラインでの実力も、成長速度もほぼ互角のようです。

一度手にした十両でしたが・・・・・残念なことがあり大きく星を落とす結果に。それでも貴ノ富士は精神的につぶれることもなく安定した成績を残し続けました。もう十両目前です。

スポンサーリンク