大谷の投手成績をまとめていきます。

スポンサーリンク

2018年大谷の投手成績

日程 スコア 相手







防御率 映像
4/01 〇 7-4 アスレチックス 6 92 6 3 1 1 3 4.50 動画
4/08 〇 6-1 アスレチックス 7 91 12 1 1 0 2.08 動画
4/17  ✕ 1-10 レッドソックス 2 66 1 4 2 1 3 3.60 動画
4/24 〇 8-7 アストロズ 5 1/3 98 7 6 5 1 4 4.43 動画
5/6 〇 8-2 マリナーズ 6 0/3 98 6 6 3 1 2 4.10 動画
5/13 〇 2-1 ツインズ 6 1/3 103 11 3 2 1 3.58 動画
5/20 〇 5-2 レイズ 7 2/3 110 9 6 1 1 2 3.35 動画
5/30 ✕ 1-6 タイガース 5 83 5 3 3 1 3.18 動画
6/6 〇 4-3 ロイヤルズ 4 63 4 4 3 1 3.10 動画
日程 スコア 相手







防御率 映像
 ◆全成績:4勝1敗 49 1/3 61 36 21 5 17 3.10

スポンサーリンク

◆6月6日:指の豆がつぶれ4回までで降板

大谷、また指の豆がつぶれてしまいました。4月17日にも豆の影響で乱調だったんですよね。来週、大谷は投げずに10日か2週間ほど間をあけることになるかもしれませんね。

◆5月30日:5回1失点、勝敗つかず

この日は雨の中断が2度あり、中断時間が長かったため大谷は5回で降板。大谷に勝敗はつきませんでした。

◆5月20日:大谷4勝目

1、2回は制球に苦しみましたが、3回以降は安定してきました。7回で降板かと思いましたが、初の8回ピッチング。あまり良いとは言えずに1失点。マウンドをおりました。それでも2失点で勝利投手。全体的に悪くない投球内容でした。

◆5月13日:勝利投手の権利を得られず

大谷、6~7回あたりになると制球が乱れてきますね。集中力が切れてくるのか、スタミナが足りていないのか。今回も6回から乱れ始めました。全体的には11奪三振で、自責点1であったため悪くはありませんでした。

◆開幕~5月6日まで

4月1日、8日のできはとても良かったと思います。特に8日は完璧でした。この週は打者としてもホームランを3本打っており、『大谷翔平(おおたにしょうへい)』の名前をもじった『翔・タイム』と呼ぶにふさわしい内容だったと思います。

ところが、4月17日に思いがけないアクシデント。指の豆がつぶれてしまい、痛みで制球が定まらなくなってしまいました。結局2回で降板。4月24日もその影響が残っていたのか、良い内容とはいえない内容となってしまいました。

大谷の不運はまだ続きます。4月27日に打者として出場した試合で、足を捻挫してしまいました。軽症ではあったものの、今後のことを考え、数日ほど試合に出場しません。

5月以降は打者としても投手としても悪くない内容を見せています。ただ、5月6日の試合は6回までは完璧なピッチングであったにもかかわらず、7回から大きく崩れてワンナウトも取れずに降板となりました。足を捻挫したことにより走り込みが足りておらずスタミナ面の状況があまり良くなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク