大谷のメジャーでの日程や成績などをまとめています。大谷が出場する試合はほぼBSで放送されています。

スポンサーリンク

6月の試合日程と成績


日程 スコア 相手 打撃成績




打率
01(金) 〇 6-0 レンジャーズ 右中2四球、三振、二ゴ 3 1 1 .292 動画
02(土) ✕ 2-3 レンジャーズ 三振、遊ゴ、一ゴ、遊飛 4 .282 動画
03(日) 〇 3-1 レンジャーズ 一安、中飛、三振 3 1 .283 動画
04(月) ロイヤルズ
05(火) ロイヤルズ
06(水) ロイヤルズ
08(金) ツインズ





打率
◆3,4月の成績◆ 44 15 3 12 4 .341
◆5月の成績◆ 59 15 10 8 2 .254
◆6月の成績◆ 10 2 1 .200
◆全成績◆ 113 32 14 20 6 .283

5月の試合日程と成績


日程 スコア 相手 打撃成績




打率
01(火) 〇 3-2 オリオールズ 遊ゴ、左二、一ゴ、右飛 4 1 .333 動画
02(水) 〇 10-7 オリオールズ 中飛、一エ、遊ゴ、一ゴ 4 .307 動画
03(木) 〇 12-3 オリオールズ 右安、三振、四球投内安 3 2 1 1 .327 動画
04(金) 〇 5-0 マリーンズ 三振、中安左2四球、一ゴ 4 2 1 1 .338 動画
先発 06(日) 〇 8-2 マリーンズ
08(火) ✕ 2-4 ロッキーズ (代打)一ゴ 1 .333 動画
09(水) 〇 8-0 ロッキーズ (代打)中安 1 1 .344 動画
10(木) 〇 7-4 ツインズ 三振、右2、左飛、中本 4 2 2 1 .354 動画
11(金) ✕ 4-5 ツインズ 一ゴ、左飛、左安、三振 4 1 .348 動画
先発 13(日) 〇 2-1 ツインズ
15(火) ✕ 3-5 アストロズ 三振、三邪飛、右安、二ゴ 4 1 .342 動画
16(水) ✕ 0-2 アストロズ 三振、二ゴ、三振、三振 4 .325 動画
17(木) ✕ 1-7 レイズ 二ゴ、左飛、一ゴ、中本 4 1 1 1 .321 動画
18(金) ✕ 3-8 レイズ 中2四球、一ゴ、三振 3 1 1 .321 動画
先発 20(日) 〇 5-2 レイズ
22(火) ✕ 3-5 ブルージェイズ 四球、三ゴ、三振、一飛 3 1 .310 動画
23(水) 〇 5-4 ブルージェイズ 三振、四球、左飛、三振、中安 4 1 1 2 .308 動画
24(木) 〇 8-1 ブルージェイズ 四球左中2、三振、四球中2 3 2 2 .319 動画
25(金) ✕ 1-2 ヤンキース 三振、四球、遊ゴ、遊ゴ 3 1 .309 動画
26(土) 〇 11-4 ヤンキース 三振、四球、三振、併殺、遊ゴ 4 1 1 .297 動画
27(日) ✕ 1-3 ヤンキース 三振、四球、三振、四球 2 2 .291 動画
先発 30(水) ✕ 1-6 タイガース





打率
◆3、4月の成績◆ 44 15 3 12 4 .341
◆5月の成績◆ 59 15 10 8 2 .254
◆全成績◆ 103 30 13 20 6 .291

スポンサーリンク

◆5月23日:ヤンキース田中に2三振

ヤンキースのピッチャーは田中。日本人対決の結果は田中の2三振1四球で田中に軍配が上がりました。大谷は3試合連続ノーヒットで不調気味です。打率も.291まで下がってしまいました。

◆5月23日:二塁打2つに、四球2つ

二塁打2つと四球2つで4度の出塁。チームの勝利に大きく貢献しました。大谷は四球が少ない印象でしたが、4試合連続の四球での出塁です。無理して降りにいかず、ちゃんとボールを見極めようと心掛けているように思えます。

日曜日に先発予定ではありましたが監督は大谷に休みを与える考えのようです。ケガをしているとかではなく、疲れがたまっているだろうから休みを与えたいという考えのようです。

◆5月23日:9回に同点2点タイムリー!

9回まで1-3と負けていましたが、大谷が満塁から2点タイムリーヒットで同点。次のバッターも2点タイムリーで一気に逆転。勝利に大きく貢献した一打でした!

◆5月17日:第6号ホームラン

相手ピッチャーにチーム全体が抑えられ、悪い空気が流れていましたが、最後に大谷の第6号ホームランで吹き飛ばしてくれました! 悪い空気のままだと次の日にも悪影響を与えてしまいますからね。明日の試合につながる良いホームランでした!

◆5月15日:初の2番バッターで出場

大谷はこの試合、メジャー初の2番DHスタメンで出場しました。メジャーでは近年『2番バッターが一番優秀なバッター』となっています。4番ではないんですね。ですから、2番を任されるというのはとても名誉なことです。結果は4打数1安打。4試合連続ヒットとなります。

◆5月11日:第5号ホームラン、2打点の活躍

4月27日以来のホームラン! 5月の打率は.381とアベレージも好調。大谷、バッティングに関しては極めて安定してきましたね。

◆5月1日:4/27の捻挫から復帰スタメン、ツーベースヒット

捻挫でスタメンから外れていた大谷ですが、5月1日の試合では『5番DH』で出場しました。ピッチャーの方はまだ調整中であり、いつ先発かは決まっていません。

3月、4月の試合日程と成績

 


日程 スコア 相手 打撃成績




打率
29(木) ✕ 5-6 アスレチックス 右安、二ゴ、一ゴ、二ゴ、三振 5 1 .200 動画
先発 01(日) 〇 7-4 アスレチックス
03(火) 〇 13-2 インディアンス 右本右安、三振、中安 4 3 3 1 .444 動画
04(水) 〇 3-2 インディアンス 三振、中本、二ゴ、中安、二ゴ 5 2 2 1 .428 動画
06(金) 〇 13-9 アスレチックス 中本、中飛、四球、一ゴ、三振 4 1 1 2 1 .388 動画
先発 08(日) 〇 6-1 アスレチックス
11(水) 〇 7-2 レンジャーズ 左安、三振、投直、四球 3 1 1 1 .363 動画
12(木) 〇 7-1 ロイヤルズ 三振、左飛、敬遠右中3、三ゴ 4 1 1 3 .346 動画
13(金) 〇 5-4 ロイヤルズ 左2、三振、二ゴ、中安 4 2 .366 動画
15(日) ロイヤルズ 先発予定も、寒すぎて試合中止
先発 17(火) ✕ 1-10 レッドソックス
19(木) ✕ 2-8 レッドソックス 遊ゴ、三振、三振、三振 4 .323 動画
20(金) ✕ 1-8 ジャイアンツ 中安、左飛、左飛、右安 4 2 .342 動画
22(日) ✕ 2-4 ジャイアンツ 三振、三振、右安、遊ゴ 4 1 .333 動画
先発 24(火) 〇 8-7 アストロズ
27(金) ✕ 3-4 ヤンキース 右本、二ゴ、(脚捻挫) 2 1 1 1 .341 動画





打率
◆3、4月の成績◆ 44 15 3 12 4 .341

◆4月27日:ソロホームラン! 途中捻挫で交代

一打席目にソロホームランを打ち良い出だしだった大谷でしたが、2打席目のセカンドゴロで一塁まで走っているときに足を捻挫してしまったようで途中交代となりました。軽症であればいいのですが・・・・・

◆4月22日:初の4番DHで出場

大谷、初の4番で出場です。チームも負けが込んで来たので、流れを変えたかったというのがあるのかもしれません。ツーアウト、ランナー1、2塁のチャンスで大谷はライト前ヒットを打ちますが、得点にはつながりませんでした。

◆4月12日:3点タイムリースリーベースヒット

満塁のチャンスで大谷は内角高めをフルスイング。右中間を抜けて、走者一掃のスリーベースヒットとなります。3点追加となり6-0。試合を決定づける一打となりました。

スリーベースヒット

◆4月11日:先制タイムリーヒット

ワンナウト1、2塁のチャンスで、大谷はレフト前ヒット。2塁ランナーが帰ってきてエンジェルスは1点先制となりました。大谷は3打数1安打1打点。

◆4月6日:三試合連続ホームラン!

大谷、とんでもないことをやらかしています。何と三試合連続ホームランです。バッターとしても凄いことなのですが、大谷はピッチャーですからね。ピッチャーでこれほど打ちまくるということが考えられないことです。現地アメリカでも二刀流大谷の活躍を大きく報道しているようですよ。

大谷ソロホームラン押し出し四球

◆4月4日:二試合連続ホームラン!

二試合連続の同点ツーランホームランです。5打数2安打で打率も.428と好調を維持しています。

2試合連続ツーランホームラン

◆4月3日:初ホームラン!

初戦以来のDH8番で出場。1打席目でスリーランホームラン! 3打点です。この日は4打数3安打と好調。チームも13得点で勝利。

初ホームラン誰も出迎えてくれないイタズラ

◆4月1日:大谷初先発!

大谷が先発ピッチャーとして初デビュー。6回3失点で勝利投手となりました。

◆3月30日、3月31日

どちらも大谷は出場しませんでした。4月2日に先発となっていますので、万全の状態で暇世帯という監督の判断だと思われます。

◆3月29日開幕戦

大谷は開幕戦を『8番DH』で出場。初打席で初ヒットを打ちました。それ以外は内野ゴロと空振り三振。ヒットは出たものの、良いと言えるほどの内容ではありませんでした。

開幕戦の打順

1(三)Z.コザート
2(中)M.トラウト
3(左)J.アプトン
4(一)A.ブーホルズ
5(右)K.カルフーン
6(遊)A.シモンズ
7(二)L.バルブエナ
8(DH)大谷翔平
9(補)M.マルドナード

大谷はオープン戦の打撃成績は打率1割台とあまりよくありませんでした。それでもスタメンに入れたのはチームや日本の期待が大きかったからだと思います。

日本とメジャーではボールの種類が異なるため不慣れなところもあると思いますが、何とか頑張って、日本中に元気を与えていただきたいです!

ベーブルースの記録に並ぶか?

ベーブルースが100年前の1918年に達成した記録が
・打者:11本塁打
・投手:13勝
というもの。この『打者で10本塁打以上、投手で10勝以上』を同時に達成したのはベーブルース以来、誰もいないそうです。

この100年前の伝説を大谷が達成するかもしれません。アメリカのマスコミもその点に注目しています。

スポンサーリンク